せいわ箸店

夫婦箸や名入れ箸・六角知能箸・若狭塗箸の通販 若狭塗箸専門店【箸匠せいわ】

予約受付

知能箸

若狭塗

名前の入る箸

創作箸

食卓の笑顔

小浜へぜひお越しください

店舗画像

若狭塗箸専門店 箸匠せいわ
〒917-0243
福井県小浜市竜前6-2
TEL:0770-56-0884
FAX:0770-56-2340
地図

商売繁盛応援団

フェイスブック

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  お箸の雑学

お箸の雑学

お箸の雑学

ハ晴れの日の箸
お正月、結婚式の食卓に水引のかかった祝箸が並びますと、清らかな喜びとおめでたい気持になります。中央が太くて両端が細い両口箸は、ふつう柳で作られ、正月、結婚式、成人の日、桃の節句、端午の節句など晴れの日の祝儀に使います。
これは
  1. 柳は悪魔を払う霊木
  2. 「家内喜(やなぎ)箸」と書く
  3. 春いち早く芽を出し(おめでたい)ことから縁起が良い
  4. 柳に雪折れなし、お箸には自分の魂が宿るといわれ、折れることを嫌う
として喜ばれ、使用されます。
晴れの日の箸
中太は、俵箸、五穀豊穣又ははらみ箸で子孫繁栄。
両口は一方を神が使い、他方を人が使い、めでたいときだから神と食事を共にするという意味になっています。寸法も末広がりの八寸(24cm)です。

聖徳太子と箸食制度
日本で初めて新しい箸食制度を、朝廷の供宴儀式で採用したのは聖徳太子であるとされている。
これは、推古天皇15(607)年、小野妹子を中国に派遣し、一行は箸と匙をセットした食事作法によって、盛んな歓待を受け、翌年、妹子は隋使ら12名と帰国した。
このとき、日本では食事はまだ手食方法であり、急いで妹子らが受けた中国の作法をまねて、宮中で初めて正式な箸食作法による歓迎の宴をも催すことになる。
馬頭盤 このようにして中国の新しい箸食制度は、隋使の来日をきっかけとして、奈良時代になると宮中の儀式や供宴には、中国式の会食作法が採用され、「馬頭盤」にのせられた金や銀の箸と匙が用いられるようになった。
そして次の8世紀の初め、奈良の都・平城京造営の中で箸食制度も本格的にすすめられ、従来の生活習慣であった手食から箸食へと、生活革命が行われた。

世界には三つの食法がある
世界の約60億の民族が食事をする方法には「手食」「箸食」「ナイフ・フォーク・スプーン食の三つがあります。 世界には三つの食法がある
「箸折り」の風習
昔、山に行った時には木の枝を箸にすることが多かったことから、一度使用した箸には、その人の霊が宿るとされ、家に持ち帰らずその場に捨てるようにした。しかしそのまま捨てると獣が持ち遊んだりして、その禍が自分に振りかかることを防止するために、必ず箸は折って捨てた。
この折る行為は、箸に宿る霊を自分の元へ帰らせるためのものである。今でも弁当の後、割り箸を折って始末する風習が見られるのはこのためである。

箸のいろいろな名称
松葉箸 松の葉の形のように、一本の割れ目を入れた素朴な割り箸で今の「小判」や「丁六」のこと。
寸銅箸 頭も先端も同型のはし。
御白箸 天皇や大宮人が使用したもので、柳や檜で作った白い細い「片口箸」。
護摩箸 不動明王などを本尊として、息災、子孫繁栄などを祈願して護摩をたくときに使用する杉の白太で作った大角箸。
縁起箸 正月や結婚式などの祝い膳に使う柳箸。
唐  箸 日本の箸の総称であり、ピンセット状の一本箸に対応する箸の呼び名。
羹  箸 かん箸とは箸業界の通り言葉で、関西では、丸箸で杉製丸箸のことを杉かん箸、略して杉かん。柳製丸箸を柳かん箸という。また、檜製の銅太丸箸を檜かん箸、檜かんともいう。
そぎ箸 頭部を斜めに切った形状の箸(天削・矢箸)。
卵中箸 一本利休の一種で腹のふくれた両口箸。
数奇屋箸 箸茶事用の懐石料理に使用する箸の総称。
塵  箸 茶室の露地の塵穴の紋石にもたせかけておく青竹の箸。

箸についての諺
箸についての諺「箸にも棒にもかからぬ」
どうにも、こうにも手がつけられず取り扱いに困ること。

「箸と主とは太いがよい」
箸は太くて丈夫なのが良く主人もしっかりしていないと頼りにならぬ。

「箸に当たり棒に当たる」
方々に見さかいなく当たり散らす。

「箸に目鼻をつけても男は男」
箸に目鼻とは、やせた人を形容する言葉。やせても枯れても男は男として尊敬せねばならぬということ。

「箸にすたらぬ病人」
病気であるのに、食欲だけは旺盛な病人。

「箸の上げ下ろしにも小言をいう」
体のちょっとした動かしようや、つまらぬことまで口を出し、やかましく小言をいう。

「箸が転んでもおかしい」
若い娘がちょっとしたことにもよく笑うこと。十五、六歳の娘をいう。

「箸を持たぬ乞食」
全然何も無いこと。

「箸より重たい物を持たない」
金持ちの家に生まれて大事に育てられ、働いた経験がまったくないこと。

「うまい飯なら箸をおかぬ」
好きな良い仕事なら誰も止めるものはいない。

「箸の弱いのと男の弱いのは食えない」
箸と、それに男が弱くては、食べてはいけない。つまり生きてはいけない。

きらい箸 -してはいけないお箸の使い方
さぐり箸 渡し箸 ねぶり箸
●さぐり箸
汁物などで、かき混ぜて
中身を探ること。
  ●渡し箸
食事の途中で箸を器に置くと
「ごちそうさま」という意味になる。
  ●ねぶり箸
なにもつかんでいない箸を
なめること。
移り箸 刺し箸 寄せ箸 迷い箸
●移り箸
いったん取りかけて
ほかのものに
変えること。
  ●刺し箸
箸の先で突き刺して
食べること。
  ●寄せ箸
箸で器を
引き寄せること。
  ●迷い箸
食べる物を決めないで
箸をウロウロさせること。